ル・クルーゼ鍋の特長

先日、「うたばん」というテレビ番組で木村カエラが、ご飯をル・クルーゼで炊いていると言っているのを聞いて、初めてル・クルーゼの存在を知りました。
それで、ル・クルーゼについて色々調べるようになりました。

ココットロンドから始まるル・クルーゼの商品は鋳物、ホーロー加工されています。したがって、耐久性があり、保温性にも優れています。

鍋の内側はグリーセマイユというエナメル質のホーローがけ処理がされているので、煮物はもちろん、揚げ物や炒め物など、どんな料理にも使えるのが特長です。

ル・クルーゼは、鍋が厚いぶん、熱をたくさん保有していて、ふんわりとした熱が全体にいきわたり料理をいっそう美味しく仕上げてくれます。
ル・クルーゼは火を使わないIHや電磁調理器にも最適です。
さらに、ビトロプラスと呼ばれている鍋底は、表面が滑らかになっているため、セラミック製のトッププレートにも使えます。
熱伝導の優れた鋳物ホーロー鍋であるル・クルーゼは、ムラのでない熱まわりで煮物や揚げ物はもちろん難しい火加減を要する料理も美味しく調理できて、栄養や旨みを逃がしません。

弱火で調理可能なココットロンドは、とても経済的で安心な商品として評判です。
保温性に優れているル・クルーゼココットロンドは、料理が冷めにくく、温かいまま召し上がれます。

そんなル・クルーゼですが、重い鍋なので料理中にゆすったりすることは出来ません。
どちらかというと、材料をじっくりと蒸し焼きにする料理向きかもしれません。無水調理にも最適です。ガスを使ってオーブン調理もできます。焦げ付かせないように弱火でコトコト煮込むこと。

誰でも簡単に調理ができて、出来上がればそのまま食卓に運べばます。なんという優れもの!!

形はシンプル、色はカラフルな鍋なので、食卓に出すと、ちょっと豪華な器に盛ったかのような雰囲気になり、ル・クルーゼがあれば贅沢な気分が味わえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。